スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュノングランプリはチュートリアル徳井そっくり

小池徹平、平岡祐太らを輩出している『第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』の最終選考会が24日(月)、都内で行われ、東京都出身17歳の市川知宏さんがグランプリを授賞した。

市川さんは「俳優として活躍したい」と抱負を語り、初々しい表情。審査員を務めたタレントの木下優樹菜は「横顔が(チュートリアルの)徳井(義実)さんに似てる。落ち着いてて高2に思えない」とメロメロだった。

木下優樹菜、椿姫彩菜らが審査員として登場

芸能事務所に所属していない13歳から22歳の男子を対象に「さわやかなハンサムボーイ」を選出する同コンテスト。

史上最多となる応募総数1万5338人の頂点に立った市川さんは「驚きでした。(名前が呼ばれるまで)諦めてました」と信じられない様子。

俳優志望とあって、報道陣から共演したい人を聞かれると「木下優樹菜さんと」と空気をうまく読むコメントで会場を盛り上げた。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

のりりん@タレントの卵

Author:のりりん@タレントの卵
芸能界の事が大好きで、芸能界入りを夢見ています。
一応、タレント事務所に登録してていて、何度かオーディションに応募していますが、なかなか合格できないですね。
現実は厳しいか・・・
今のところパーティコンパニオンで生活しています。

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。